Ex Spain Food Market

<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧




猪サラミ

Firenzeからローカル線に揺られ3~4時間の所にある
“SPOLETO”という町に友人を訪れるため向かいました。

この地域でよく食べられているイノシシのサラミがあったので
早速購入してみました。
e0120938_22155222.jpg

独特のにおいは若干しますが、お肉の味が濃くて美味しいです。
e0120938_22163212.jpg

他にもこの地域のワインに漬けたサラミもありました。
e0120938_22165217.jpg

夜はイタリア人のホームパーティーに参加させて頂き、
手作りの料理のレシピを沢山教えて頂きました。
e0120938_2217308.jpg

おまけ
SPOLETOは道に犬のフンもなく、「古くて美しいヨーロッパ」が
堪能できます。
山の上にあるホテルの前のテラスにて。気持ちよい空間でした。
e0120938_22174916.jpg

見慣れたと思ったヨーロッパの街並みですが、ハッとするような
景色が沢山ありました。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-11 22:18 | Firenze

Trattoria Mario

中央市場付近にあるこのお店には3日間で2回も行ってしまうほど、
安くて美味しい料理があります。
e0120938_21582392.jpg

おいしかった料理No3
野菜のスープが無かったので代わりに頼んだお豆のスープ。
スープといっても水分は少なく流動食みたいなのですが、
塩気のあるお豆がおいしく、ヘルシーな一品。
e0120938_2159457.jpg

おいしかった料理No2
トリッパのフィレンツェ風煮込み
「ここのトリッパなら市場に近いので新鮮だろう」と
調理法も聞かず何気なく頼んだ一品がとっても美味でびっくり。
トマトソースで煮込まれていたトリッパは、全く臭みもなく
ソースは全てパンに浸けていただきました。
e0120938_21593632.jpg

おいしかった料理No1
輝く1位は、ローストビーフの付け合せのズッキーニの
トマト煮込みでした。
お肉自体が美味しいのでローストビーフもかなりいけていたのですが、
ぶ厚く切られたズッキーニがとっても柔らかくフワフワ&
さすがトマトソース大国の味付けは絶品でした。

回転が良く、合席必須の人気店ですが、ガラス越しに見える
厨房は殺気立ってなく、シェフも涼しい顔して調理しています。
e0120938_220074.jpg

これはフィレンツェ風ビフテキです。
1キロくらいあるものを大体二人でシェアして食べている光景を見ます。
味付けはシンプルに塩コショウのようです。
e0120938_2203243.jpg


Via Rosina, 2/R-Firenze
www.trattoriamario.com
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-11 22:00 | Firenze

海を見ながらピクニック

バルセロナ最終日は、市場でおいしい生ハムを買って
この前Codruniuで購入したカバと一緒にベンチでお昼から
ピクニックしました。
e0120938_18292478.jpg

試飲で飲んだ美味しかった"Brut Natural"タイプ。
e0120938_1830326.jpg

べジョータとパンで朝ごはん。(太る!)
e0120938_18293714.jpg

友人が持ってきてくれた塩昆布を中華料理店でテイクアウトした
ご飯と共に食べる。
塩昆布は意外にべジョータとはる味わいです。素晴らしい。
e0120938_18301750.jpg

ヨットハーバー付近でも魚が沢山います。
ここ何日間かとっても暑いです。
普通に歩いているだけでも黒くなってしまいます。
スペインの日差しはあなどれません。

e0120938_18285613.jpg

おまけ
生ハムを買ったサンジュセップの朝市にて。
e0120938_18291197.jpg

段々、秋っぽい色の野菜や果物が増えてきました。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 19:23 | Barcelona

バルセロナ料理教室

バルセロナでの1日料理教室

98%観光客向けの料理教室に行ってきました。
本日は、
・ガスパチョ
・トルティーヤ
・魚介のパエリア
・クレマカタラナ

というスペイン料理の大御所4品です。
手違いのせいか、18名位の大人数での開催となってしまいました。

まずは、近くにあるサンジュセップ市場へ買出しついでに見学を
行いました。
e0120938_19182584.jpg

卵付きの新鮮なエビもいます。
e0120938_1893514.jpg

今日使うカタルーニャのチーズ。
e0120938_1862290.jpg

この前も見た内臓屋さん。
以前は沢山あった内臓屋さんも現在はこの1軒のみなんだそう。
あ、この前の丸いものは、心臓ではなくて睾丸でした。
e0120938_1864288.jpg

何故か八百屋の軒先にあったかたつむり達。
さざえみたいで美味しいようです。
そう聞くと食べたくなってきました。

早速調理スタート。
まずはデザートから作ります。

e0120938_187344.jpg


このように材料を合わせて混ぜながら火を通します。
20分くらいして生地がトロトロしてきたら器に注ぎます。
粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。
最後に砂糖をバーナーで溶かし飴にして完成。
あま~いです。家で作るときは砂糖を控えめにします。

2品目はトルティーヤ。
トルティーヤの美味しいものを食べたことがなかったのですが、
今回は絶品でした。
家で作ったほうが良いのかもしれません。
e0120938_1881153.jpg


今回の授業は英語だったので、「Tomate Soup」と書かれて
あったのですが、ガスパチョだったのですね。
e0120938_1882526.jpg

湯向きしたトマトをミキサーにかけ、ビネガーなどの調味料を入れて冷やしておきます。
上にチーズとナッツなどで作ったソースをかけて食べたのですが、
チーズとガスパチョがとても合いました。
e0120938_1884119.jpg

魚介のパエリア。
これは見た目通り美味しかったです。
出汁が美味しければあとは火加減で美味しく出来ます。
e0120938_1875751.jpg

今回はすっごく大きい鍋を使いました。

この授業の先生がサンセバスチャンで私と同じ料理学校の卒業生で
同じ先生に習っていました。すごい偶然。

この料理学校は英語、スペイン語、フランス語での授業が可能だそうです。
ランブラス通りにあるので、交通の便は良いです。
機会があればお試しください。

Cook & Taste
http://www.cookandtaste.net/
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 19:21 | Dishes (Main)

カタルーニャ料理

カタルーニャ料理

バルセロナ中心街より電車で45分程のSabadellに行きました。
関東でいう東京と川崎のようなイメージです。

ここでは、友人のnieveさんと一緒にカタルーニャ郷土料理を
食べに行きました。
私が二日酔いで山道に耐えられない体だったため、
予定を変更して近くにある炭火焼レストランにして頂きました。
(お騒がせ致しました。。。)

e0120938_17542294.jpg

道の無い道を通って着いたレストランの周りにはこのように
だちょうやらあひるやらにわとりが放牧されていて、
ちょっとした動物園状態でした。
とても人気なレストランで30分くらい待っている間に
私の体調もお肉を食べれるくらい復活してきました。
よかった。。。

e0120938_17544015.jpg

まずはこのようにトマトパンセットがドンっと置かれます。
きちんとにんにくもあります。

e0120938_1755127.jpg

これは、カタルーニャ地方(Sabadellのかな?)特産のサイダー「Casosa(カシオサ)」。
瓶のデザインもとってもかわいく、三ツ矢サイダーのような味。
これをワインで割って飲んだりします。

e0120938_17574674.jpg

まずはカタルーニャ風サラダ。
レタス、トマトの上にチョリソ、生ハム、チーズがバサっと
乗っかっています。

e0120938_175825.jpg

ここでは赤ワインビネガーでした。
久しぶりに使ったけど美味しいですね。

e0120938_17564932.jpg

野菜のグリル。
ズッキーニ、なす、パプリカ、アスパラ、じゃが、トマト、玉ねぎ。
これらをロメスコソースで頂きます。

e0120938_1756998.jpg

ロメスコソース
トマト、アーモンド、ビネガー、にんにくなどが入っています。
ビネガーが入っているので見た目よりさっぱりしています。

e0120938_17562977.jpg

前菜のEsqueixada(たらとトマト)は不思議な食感だけど、美味でした。
塩漬けのたらは結構な時間をかけて水で戻して使います。
いい塩梅で水気もあり、湯向きしたトマトと合っていました。
e0120938_1804638.jpg

この地方で有名な「Botifarra(ブティファラ)」は、
ソーセージのようなもので、アリオリソースをつけて
食べると更に10倍位美味しくなります。
e0120938_1802884.jpg

このブティファラの付け合せで出てくるのが、この白豆です。
ちょうどよい塩気がついていました。
e0120938_181104.jpg

私は鳥肉を頼んだのですがこれがまた良い焼加減と塩加減で美味しい。
多分、黄色い鳥肉を使っていましたね。

e0120938_17591793.jpg

デザートは「Crema Catarana」(クリームブリュレ)と
私は下の「MEL I MATO」(この地域特有チーズのはちみつかけ)を頼みました。
Crema Cataranaはいつもはとってもあま~く食べきれないのですが、
ここのは甘さ控えめで好みでした。

e0120938_17595349.jpg

豆腐のようなフレッシュチーズ。
お腹一杯の私には量が多すぎて残してしまいました。。。失礼しました。
e0120938_19263428.jpg

おまけ
食事の途中で話題になったバルセロナにある日本料理店かぶき。
日本語では「かぶき」と書けているのに、ローマ字だと「KIBUKA」
になっていて、皆不思議がっています。
皆、不思議がってよ~く見るので、広告効果は抜群です。

e0120938_1822835.jpg

おまけ
これはバルセロナのグラシア通りを上がった所にあるミニ遊園地の
様子なのですが、この子供向けの乗り物がとってもおもしろそうなのです。
私もやりたいなと思いながら眺めているので、ここを通るといつも
”怪しい東洋人”になってしまいます。

いずれにせよ、また11月の長ネギの季節に来たいと思います。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 19:05 | Barcelona

Masia Aranの本日のランチ

CodruniuとTorreの見学の合間にランチを取りました。
Penedes村はこのようにブドウ畑が続きます。
e0120938_18204879.jpg

想像以上の距離をタクシーで行き、一番初めに見た
レストランに入りました。
e0120938_18222982.jpg

3人とも本日のランチ(前菜+メイン+デザート+ワイン付=15ユーロ)
を頼みます。
e0120938_1821193.jpg

勿論ワインはこの村のもの。
冷たく冷やしたものが出てきました。しっかり味です。
e0120938_18213698.jpg

3人とも前菜はカネロニです。
ラザニアのロール版のようなもので、カタルーニャの郷土料理です。
偶々入ったお店なのに美味しくてびっくり。
e0120938_18555631.jpg

メインにはFricandoを頼む。
これは肉ときのこのワイン煮込みのようなもので、見た目通り濃厚な味です。
e0120938_18215012.jpg

Kaoさんはウサギを頼んでいました。
これがまた美味しい。
食べなれていないので、骨の在り処にてこずりながらも完食。
e0120938_1822784.jpg

手作りのプリン。
皆頼んでいる位人気商品。
見た目通り、とっても美味しい。
e0120938_18225891.jpg

カタルーニャのシェフ委員会にも加入しているここの
シェフがTorres社まで車で送ってくれました。
美味しいランチと親切心に感謝です。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 18:56 | Barcelona

CAVA Codorniu社工場見学

日本でよく見かけるスペインのスパークリングワイン「フレシネ」と
同じ駅にあるCodorniu社のCava工場見学に行きました。
e0120938_18194232.jpg

実は、2年前に1回来たことがあるのですが、あまりスペイン語が
理解できず今回は家主であるプロの通訳者と一緒の心強い見学です。
e0120938_18165881.jpg

相変わらず自然が豊かで美しい敷地でした。
e0120938_18172334.jpg

最近では一部を結婚式やセレモニーなどで貸しホールとして使っている
みたいで、「興味があればご連絡ください。」とのことです。
興味はあるのですが一体いくらなのでしょうか。。。
ちなみにこの建物の設計はガウディと同時期に活躍した
プッチ・イ・カダファルクによるもので、国の重要文化財になっています。
プッチは、ガウディのカサ・バトリョの隣にある
アパートも設計しており、ガウディとは仲の良い友人
だったようです。
e0120938_18281929.jpg

参考:カサ・バトリョ(右)の隣がプッチによるものです。
e0120938_18173940.jpg

これはアルフォンソIIIが訪れた後に書いた手紙です。
「Codoruniuのcavaはとても良く、大変満足しております。」
e0120938_1818149.jpg

こんな感じでボトルを傾けて最後に冷凍液につけて澱を取り出します。
e0120938_18183557.jpg

2kmもある貯蔵されている蔵はこのように通りの名前をつけて
何がどこにあるか把握されています。
e0120938_18181844.jpg

地下にあった創始者の像。
弾丸は市民戦争時代に押し入られて受けたものだそうです。

前回来た時は2月だったので、その年の製造が終わっており工場内は
ガランとしていたのですが、今回は稼動していました。
以前、製造ラインの営業をしていたことがあるので、意外とこういった
機械を見るのは楽しいです。
e0120938_182005.jpg

このようなトラックで続々とぶどうが運ばれてきます。
8月~9月にブドウの収穫が行われ、その後、品質確認→貯蔵されます。
カバはスペインの規定で瓶内熟成期間が最低9ヶ月以上必要とされています。
1986年までは”シャンパーニュ”と呼ばれていましたが、
スペインのヨーロッパ経済共同体への加入に伴い、”CAVA”の呼び名に
統一され、今日に至っています。
e0120938_18201546.jpg

たわわに実ったぶどう。
一粒頂きましたが、結構すっぱかったです。割と小粒。
e0120938_18185254.jpg

CAVAは購入したら、1年以内に飲むのが良いそうです。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 18:53 | Wine/Sake

スペインのフルーツ

スイカとメロン

この時期はスーパーでスイカとメロンを良く見ます。
いつも大きすぎて断念しているので、今回やっと食べることができました。
e0120938_183440.jpg

スイカは甘さ控えめでした。
(選んだものが悪かった??)
e0120938_1833135.jpg

逆にメロンは少し硬めだったのですが、とっても甘くて美味しかったです。
こちらではメロンは庶民的なフルーツで、ラグビーボールの
半分の大きさで1ユーロくらいです。
これははまります。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 18:50 | Vegetables & Fruits

スペイン風和食

e0120938_18122720.jpg


今日のランチはケニアから遊びに来ているKOUさんと
3人でお家ランチです。
昨日、頂いたしそを使ってしらすの代わりに「Pescado Pequeno」(直訳:小さい魚)
を使って、パスタを作ることにしました。

e0120938_18125633.jpg


しらすと違って淡白な味の魚でした。。。
うぅん、、、しらすが恋しいです。

しょうが、ミント、油、ビネガーのドレッシングのサラダ。

今日は久しぶりに軽めのランチになりました。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-06 18:49 | Dishes (Wa)

バルセロナのビール

e0120938_1811161.jpg

バルセロナでは、Dammの「Estrella」というビールを飲んでいる人を
よく見かけます。
スーパーでもよく買われています。

e0120938_18103882.jpg


そのほかに、レモン味のビールがあったり
女の子でも飲みやすいものがあります。

e0120938_18105482.jpg


レモン味のビールのアルコールは1%未満なので、ジュースのようなのですが、
夏にはさらりと飲めて美味しいです。

その他、このカタルーニャ地方ではサンミゲル、ハイネケンが
飲まれております。
Amstelもよく見ます。オランダ勢もすごい。
[PR]



by miyukimiurafood | 2007-09-04 20:02 | Wine/Sake

スペイン人の夫を持つマドリッド在住のスペイン料理研究家兼日本酒きき酒師。マドリッドにて家庭料理教室主宰。たまにレストラン修行に篭り中。
by miyukimiurafood
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

***お知らせ***

★マドリッド中心部にてスペイン家庭料理教室を開催しています。ご興味のある方はブログのメッセージもしくは lacocinadaidokoroアットマークgmail.comまでメールをください。マドリッドにご滞在の間にスペイン料理を是非作ってみませんか?

★Para la clase de cocina japónesa. Click aquí!: Daidokoro

★ランキングに参加中!
「フム。」と思ってくださった方はお手間おかけしますがクリックお願いします!
いつも有難うございます!

にほんブログ村 グルメブログ スペイン料理(グルメ)へ

http://www.tour.ne.jp/w_review/?cit_cd=MAD&theme=gourmet&guide_id=53


★日本野菜ソムリエ協会 認定料理教室


お仕事歴

プロフィール

★当ブログはリンクフリーです。写真・文の無断転用はお断りしております。

★レシピ開発、スペイン料理、スペインのレストラン取材等のご依頼は、 
lacocinadaidokoro★gmail.com   
までご連絡くださいませ。
★部分に@を入れてください。

★リンク

マクロビ・小堀真紀子さんのBlog
MIGUのスペインまったり生活回想記
El vino nos habla ワインのささやき
おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中
世田谷の素敵な時間L's-Kitchen
筑波山のおいしい有機野菜・あらき農園さん

活貝焼屋台専門店「和光」。旨いしなんせ楽しい店。

LA発の素敵な石を使ったアクセサリー
イラストレーター大山奈歩
昔の食ブログ

★マドリッド在方のブログ(旧も含)
神津 善之介 公式サイト 
美味開拓仲間Shinobu chan La Mesa de Bosque
ベトナム雑貨 PATRICK Anh
マドリッド日本人ソムリエMiyakoさんのブログ スペイン ワイン ナビ・Yurika Kodama
こぐま屋
ちゃばとの生活 en Madrid
スペイン歩き
みさとのブログ
仕事のことは忘れて
Carmin
恵理 フラメンコ
掛軸さくらKAKEJIKU SAKURA


東日本大震災 支援プロジェクト





Locations of visitors to this page


旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

フォロー中のブログ

今夜もeat it
うちの食卓 Non so...
イタリア料理留学日記
器・UTSUWA&陶芸blog
非天然色東京画
ヨネごはん
くーまくーま。
kimcafeのB級グルメ旅
今夜の勝負酒 東京・品川...
stew stew st...
パリ-ストラスブール お...
一日一膳
HALの賄いキッチンblog
丁子色
ユキキーナの日記
スペインめし
entre mi y fa
村人生活@ スペイン
L'AMBROISIE ...
カタルーニャバンザイ!
ワルツな日々
広島発スペイン気分
コック家の生活 in フ...
巴里だより、セーヌ川を渡る
写真家・相原正明のつれづ...
フィレンツェ田舎生活便り2
おうち*
門真蓮根と懐石料理
トルコ子育て生活
*ちょっとコーヒーでも*
魚屋三代目日記
ちょっとスペインの別荘 ...
世界たべあるき日記
Piano piano-...
フードコーディネーターの...
Rio Despacio
Elegance Style
日本酒回顧録
にきび生活 in バルセ...
三度のメシより・・・ S...
作ってあげたい彼ごはん
エリオットゆかりの美味し...
みずたまかふぇ
料理・器・花・上質な暮ら...
Fooding Diary
usa cafe
北イタリア自然派生活
+ mellow-stu...
チャノマ。
Piccoli Pass...
豆豆暮らし。。
Bon appetit!
メタボギア<METBO ...
甘塩酸苦 + 旨
モデナの食卓
OURHOME
食・農・森と共に・・・F...
南房総リパブリック!
Sweets Note
三溝清美 Cooking...
地中海の街から バルセロナ
日常に楽園少々そえて・・・
It is a FINE...
moko's cafe
リヨンの散歩
片付けたくなる部屋づくり
はるひごはん。
el cielo azul
登紀子ばぁばと安藤久美子...
セトレボン
おいしい料理写真の撮り方
ファッションエディター大...
ジャカルタ My fav...
フィレンツェ田舎のお料理教室
シチリア食通信 、時々イタリア
たま日記
マドリびより
マドリッド暮らし。
無垢のおうちと収納と
pagnotta隊
Treasure Box
カタルーニャ厨房 CAS...
おいしいお菓子を作りたい
Life Co.
まんしゅうきつこのオリモ...
Topito &Topi...
粉と卵とボク

最新のトラックバック

<バルセロナの甘〜いクリ..
from 地中海の街から バルセロナ/..
Whole Foods ..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
きゅうり レシピ
from 今日からあなたも料理上手!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧